コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

◎10年後の知財業界を考える(1)

10年後の知財業界を考える、というテーマで、有る方と意見交換をしました。
その中の一つです。

 ちょうど10年前、私は特許マップをテーマとして講師デビューをしました。
 そのころは、インターネットによる特許調査など無く、
 特許調査のコストは、実質的に独占状態の有料データベースを使わざるを得ず、
 非常に高いものでした。

 そのためなのか、特許マップをつくって出願をしているのは、
 超巨大企業T社、C社 など、非常に限られていたようです。

 10年を経た今、特許マップは普及しました。

 あと10年したら、経営用のロードマップと特許マップとを
 融合させて作成するようになるのでは、と思いますが、
 如何でしょう。