コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

◎一次情報と二次情報(2)

発明者が働く職場に出向くと、発明提案書には記載されていないことのほうが多い、
という当たり前のことに気づきます。

モノづくりではない、ソフトウェア開発であっても、
その職場の空気から気づくこともあります。

特許法が書面主義であるので、書面に書けないことはなかったことと同じです。

しかし、発明者の「ホームグランド」にて同じ時間を共有することは、
知の書面化という仕事には重要なことであると考えています。

出願依頼書と説明書面を送ってもらうだけで進められる仕事よりも、
見かけの効率は良くないのですけど・・・