コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

◎知的財産検定セミナー当日(4)

知財検定セミナーの最終準備をしていて、その前夜に考えたこととして、

   知財はシームレス

ということ。

つまり、特許だけ、商標だけ、という知識では、実務がこなせないことは案外多い。
だからこそ、知財検定は、
特許法、実用新案法、意匠法、商標法、著作権法、
不正競争防止法、独占禁止法、民法、
といった多岐にまたがる勉強を要求しているのだ、
ということ。

当たり前といえば当たり前かもしれませんが、
苦手科目がある、という方に、苦手科目へのモチベーションを高めてもらうため、
色々な場面で強調しよう、と考えて眠りにつきました。

当日は、それを意識した講義をしたつもりですが、
伝わったでしょうか・・・