コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

◎特許事務所業界の源泉とは(2)

そもそもなぜ、企業は特許出願の作成を特許事務所に依頼するのでしょうか?

的確な言葉ではないかもしれませんが、

  特許明細書の作成が面倒だから

でしょう。

企業が「面倒だ」と思うことを代行することに意義を見いだせなければ、
特許事務所で働くことは無理である、
とも言えます。

特許明細書の作成は「面倒で、誰でもできるものではない。」からこそ、
企業からの依頼があるのです。

特許明細書の作成は、弁理士試験に合格してもできるようにはなりません。

     試験に合格してからやります。

という声が聞こえてきますが、本当にそれでいいのでしょうか?

面白そうだ、やっていきたい、一生つきあっていくぞ、・・・
と思えなかったらどうするのでしょうか?

  特許事務所ではなくて企業知財部に行きます。

という声が聞こえてきますが、本当にそれでいいのでしょうか?
(良くない!と私は考えているから、あえて書いている、ということは
 察していただけますよね・・・)