コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

◎どうやるのか、よりも大事なこと

 知財コンサルティングについて質問されることの多くに、

   こういうクライアントに対しては、どのようなコンサルティングが的確か?

というものがあります。
 この質問には、答えるべきはないのかもしれません。
なぜなら、
   どのようなコンサルティングが的確か
を考えることこそ、コンサルティングの仕事の本質だからです。

 仮に、どうしても上の質問に答えなければならなかったとしても、
すぐには答えられません。
 なぜかといえば、『こういうクライアント』という前提を的確に捉えていない限り、
的確なコンサルティングが何であろうか、ということが判断できないからです。
 このため、コミュニケーションのスキルが要求されることになります。

(2010年3月作成)