コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

◎進化をもたらすには内側からの変化を

 進化というのが現在までの状態を否定を伴うのだな、
ということを考えさせられる機会がありました。

 現在まで積み上げてきたモノやコトを完全に(または大部分を)否定することとなれば
「革命的」という言葉の方が適切という気がしますので、
革命的というところまでではない場合を「進化」としましょう。

 「圧力のような外部からの力」によって進化がもたらされようとしている場合、
それを受け入れることができる「能力」が進化には必要ですね。
 変化しても良い、という度胸というか、割り切れる領域が広いか狭いか、というのが、
この能力の本質に近いような気がします。
 変化しても良い領域と、変化してしまうと心の安定が乱される領域とが無意識のうちにあり、
前者が広くないと、進化する能力(才能)が低い、と言い換えられるでしょうか。

 外部からではなく「内部からもたらされる進化」というモノもあるでしょう。
しかし、これは、変化して良いと認識している領域において(徐々に)変化させるのでしょうから、
外部からの力による変化よりも、受け入れやすく、持続性も高いように思われます。

 良い変化(進化)をもたらす、または結果を出すコンサルティングは、
外部からの圧力のような進化は求めず(押しつけず)、
内側からの変化によって進化を導く手法を使っているはずです。

    (2017年2月作成)