コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

◎手書きの手帳のチェックリスト(1/2)

 バイブルサイズのリフィールを、スーツの内ポケットに入る薄さの手帳へ収め、
毎日使っています。
 スケジュールは、見開き一ヶ月のタイプと、見開き一週間のタイプとを併用しています。

   手帳が薄いので、見開き一ヶ月のスケジュールは6ヶ月分くらい、
見開き一週間のスケジュールは3週間分くらいしか、収納していません。

 一人で仕事をする時間が増えた最近は、見開き一週間のスケジュール を大切にしなければ、
と意識するようになりました。

 月曜日は何時から何時に何処、といった外出スケジュールのみではなく、
一人で仕事をする時間帯にも、できるだけ「何をする」ということを書き入れるようにしています。
たとえば、切手購入、誰にメール、午後に荷物到着、何のインターネット検索、・・・
というように、小さいことまで(小さいが忘れてはならないことを)書くようにしています。

 実は、正確に言えば、「書き入れずに過ごしてしまう日」もあります。
書き入れてから一日をスタートさせられない日は、心が不調または余裕がないので、
書き入れることなく、何かを始めてしまうのです。
書き入れない日は、たいてい、一日が充実せずに終わってしまいます。
それが分かっているのに、書き入れずに過ごしてしまうのです。

 まだまだ、「習慣」になっていないということでしょうね。

   (2018年3月作成)